お花見のお弁当は小さな構想を♪

本年こそは女房ってお花見にいって、お料理をふるまう!と意気込んでいらっしゃる亭主も
断じて沢山いるです!
も、どんなものを入れていったら宜しいんでしょうか。
では、ビジュアルがお気に入りですよね!
見た目で美味しそう!として貰うことが大事!
お弁当を美味しそうに、華やかに挙げるコツは、「トーン」をバランスよく入れる場合。
では、それぞれのカラーを代表する根本や作り方をみてみましょう。
それでは「赤」の副食から。
赤の副食。プチトマトが大活躍!
プチトマトは単に入れられてずいぶん便利な「赤い」副食だ。
ちょっとした隙間にも入れられるし、お弁当に大活躍だ!
赤は、にんじんやプチトマトがお弁当の必勝。
かばぼこういうロゼなどで活用しても可能。
赤のトーンはあると可憐ですが、なくてもさまざま外観のよいお弁当になるので
取り入れるものがある瞬間だけでも良いでしょう。
こういうほかにも、赤の副食として必勝なのは「ウインナー」。
そのまま焼くだけでなく、ちょっと飾り付け包丁を含めるだけでも、お弁当がぐっと手の込んだ先入観になります。
「たこくんウインナー」や「お花のウインナー」に仕立てて、お弁当の楽しさを二度と直しましょう。
お花見にぴったりの、お花のデコ切りウインナーもオススメ!
桜に負けないくらいの段取りで亭主をとりこにしちゃいましょう!!
マミーが大好きな可愛らしいウサギ君ウインナーも必勝だ!
お目めは黒ゴマで仕上げてください!
なれないとうまく切れないかもしれないけれど、亭主の為にがんばりましょうね!!神ファンデ 口コミ